ぴよぴよ組(未就園児親子クラス)

2022年度 ぴよぴよ組募集について

次回:未定

募集継続中です。申込書配布中。ぜひお気軽にいらして下さい。
ぴよぴよ組は、まだ空きがあります。入園をお考の方はぜひ、ぴよぴよ組へ

募集対象
  • 未就園児
  • 概ね2歳~入園前までのお子様と、保護者の方
活動日時
  • 金曜日 9時30分~11時
  • 年間30回(予定)
場所 上尾富士見幼稚園 ぴよぴよ組の部屋・ホール・園庭等
会費
  • 入会費:5000円(当園入園手続きされた場合に、返金させていただきます)
  • 会費:1学期4000円、2学期5000円、3学期3000円
    (教材費、冷暖房費、施設費等含む)
保育内容

年間カリキュラムに沿って活動します。

  • ♪同年代の仲間たちと触れ合う機会として
  • ♪子育て中のご家庭の仲間作り、交流の場として
  • ♪子育てについての相談、情報交換の場として

様々な活動を行っていきます。
又、子育ての相談も受け付けています。
お気軽にお声かけ下さい。

フリータイム

※現在、コロナ対策のため、フリータイムは中止させていただいています。

ご理解ご協力よろしくお願い致します。

以下は、自粛中です。

11時~12時30分までは、ぴよぴよのお部屋を開放します。
お時間の許す方は、お弁当ご持参で、昼食を召し上がることができます。
この時間も、おうちの方が責任をもって、過ごして下さい。
12時30分までになりますので、時間厳守で、よろしくお願い致します。

その他

お約束
  • 基本的に保護者同伴になります。
  • 原則として、会費は返金できませんので、ご了承下さい。
  • 入会金は、当園に入園された場合に、返金対象とさせていただきます。
  • お子様の体調がすぐれない時には、お休みして下さい。
  • お菓子やおもちゃは持ってこないようにお願い致します。
  • 活動中の事故につきましては、園で加入している傷害保険の範囲内での保障になります。
  • 活動内容によって、日時の変更等がある場合には、その都度お知らせ致します。

ぴよぴよ組申し込みの流れについて

  1. お手数ですが、園まで申込書をとりにいらして下さい
    実際に来ていただいて、幼稚園の雰囲気や、子どもたちの様子をご覧になっていただきたいからです。
    来園前にお電話下されば、幸いです。
    平日、朝9時~5時までの間にお願い致します。m(__)m
  2. 申込書を記入して、入会金と年会費を添えて、お申込み下さい。
    申込書には、お子様の写真を貼って下さい。L判サイズです。
  3. ご不明な点は園までお気軽にお問い合わせ下さい。
    048-775-0517

Q&A

  • どんなことをしていますか?
    基本的にはお母さんと一緒に過ごしています。一緒に制作をしたり、リズム遊びをします。
  • 幼稚園の近くの方が多いのですか?
    近くの方だけではなく、伊奈町やさいたま市からも参加して下さっています。
  • 親となかなか離れられないのですが、大丈夫ですか?
    大丈夫です。お母さんのひざから一度も降りないですごした子も、幼稚園に入ったらすぐ離れました。早く離したいと思う親と離れたくない子どもと悪循環になってしまいます。むしろ、離れないでいいのよと親が安心すると、子どもも安心して離れます。親の気持ちが子どもの心に反映しますので親が不安にならない事です。
  • 幼稚園との関わりはありますか?
    ぴよぴよのお友だちが幼稚園の園庭で遊ぶと、園児たちが一緒に遊んだり、時にはお部屋で一緒にすごすこともあります。
    また、幼稚園で行なった誕生会の出し物を見ていただく機会もあります。
    運動会では、「ぴよぴよぐみのおゆうぎ」を親子で一緒に行い、未就園児のかけっこにも参加し、幼稚園の運動会を一緒に楽しみます。
    園で行なわれるコンサートや劇を一緒に鑑賞し、芸術に触れる機会を持つこともあります。
  • みなさんこちらの幼稚園にお入りになるんですか?
    いいえ、全員が入園する訳ではありません。でも、ひき続き、私達の幼稚園に入園してくださるといいなあと思っています。
    この幼稚園の遊び中心の保育、人と人との大切な出会い、そして神と人について考える保育、今、ともすると早期教育に熱心なあまり、目に見えない子どもの心の部分が、おろそかにされがちな中に、本当に大切なことは何か、特に成長発達の著しい幼児期を大切にしてほしいと願っています。皆さん、ぴよぴよ組を通して、何が大切かを選び取る力を養ってほしいと思います。
  • 落ち着きがないのですが…
    幼児期、自分のやりたいこと、興味・関心がたくさんあることは、好奇心旺盛で前向きでステキですよね。でも、親としては、こんなに落ち着かないのは不安…という気持ちも、とてもよくわかります。静かな環境を整えてみる。自然の中で過ごす、テレビやDVDを見ない。機械的な音(DVD、ビデオ、CD、パソコン、携帯等)から遠ざけるなど、意識してみるのもいいと思います。そして、ぜひ、ぴよぴよぐみに参加していただいて、その中で自分のやりたことをする時、みんなで一緒に楽しむ時、いろいろな時を経験してみて下さい。また、心配な気持ちを、遠慮なく担当の保育者にお話ください。一緒に考えていきましょう。
  • つい、怒ってしまうんですが…
    お母さん、どうか「ダメ!」でお子さんを否定しないでくださいね。1才半~2才半の1年間は子どもが自我を大事に育てている時です。早く良い子にしようと思って、「ダメ!」と言って叱ったり、「いけません!」と言って子どもの気持を抑えすぎたり、「言う事を聞きなさい」と無理強いをすると、子どもの自我が抑えられ、否定され、無視されます。それがしつけだと思い込んでしまって良いのでしょうか。
    子どもにやってほしいことを親が一生懸命関わり、きっと分かってもらえると根気よく語りかけると、子どもはそれを理解し、記憶して、何か禁じられたことをしたい欲望が起こった時、それをやらないでおこうというセルフコントロールが出来るようになります。「自我を認めてほしい」という子どもの気持ちを無視して押しつぶさないように必死に逆らう子どもの心にそっと目を注いであげましょう。
    幼稚園では、子どもの心によりそうい、共感する、ほめる教育を目指しています。
  • 自分で自分をコントロール出来る子どもにするには、どうしたらいいのですか?
    とっても大切なことだと思いますが…
    「セルフ・コントロール」はなんと、1才半前後にはじめると『子どもの「花」が育つとき』内藤寿七郎著にありました。幼稚園の子ども達を見ていると、幼稚園で今はお話を聞いている時、今は歌を歌う時、絵本を見ている時 ちょっといやだなあと思っても、自分を自分でコントロール出来る子どもに育ってほしいと願っています。それがなんと1才半の育て方に関係してくるなんてびっくりです。1才半くらいになると「いや」と言いだし、自我が芽生え、自己認知(自分の頭に湧き出た思いを貫徹しよう)が生まれるそうです。そこをきちんと認めてあげる事が大切なのだそうです。
    『子どもの「花」が育つとき』内藤寿七郎・著 小学館 2002年「セルフ・コントロール」力をどう育てるか、P.160~P.162にありますのでどうぞお読み下さい。