神を愛し 人をあいする 心とこころが ふれあう保育

キリスト教の精神に
基づいた保育

上尾富士見幼稚園は、上尾合同教会の附属幼稚園として1965年、市内で3番目に設立されました。
キリスト信仰を元にした人間観、世界観に基づく幼児教育をしています。
神様の愛を知り、人を愛し、人に愛され、今の時を喜びと感謝の気持ちをもって生きる子どもに育つことを目指しています。

大事にしていること

ひとりひとりを大切にし、
個性を尊重し、
互いに認め合う保育

子どもたちは、神様から命を与えられ、愛されているかげがえのない存在です。その個性と人格をありのままに受けとめ、尊重することが、保育の第一歩です。ひとりひとりの心と向き合い、喜びや悲しみ、不安をしっかとり受け止め、何を覚え達成したかではなく、子どもひとりひとりに神様から与えられている成長する力を信頼しつつ、互いに認め合う保育を目指しています。

自由な遊びを大切にし、
その中で、よく感じ、
よく考え、育ちあう

「遊ぶこと、また遊びはこの時期の人間の発達の最高の段階である」幼稚園の創始者フレーベルのことば。子どもの心身の発達にもっとも必要とされるものが遊びであり、子どもたちは遊びを通して、人間関係を学び、人の気持ちに気づき、考え、体を動かし体を作り、共に育ちあいます。幼児期の子どもにとって大切なことは、自分の質を育てることです。それは、早期教育をするということではなく、そのときにしかできない生活、体験、そして自由な遊びをすることで人間としての質を育てていきます。
上尾富士見幼稚園では、「あそぶ」ということをとても大切に考えています。

自然に親しみ、
神様の恵みに感謝する

幼稚園の園庭では、土を掘り返したり、虫さがしをしたり、木登りをしたり、季節の果実を食べたり、神様がくださった自然の恵みを存分に味わい、感謝する時を持ちます。

大きな家族のような
縦割り保育

私たちの幼稚園は、基本のクラスが縦割りです。「グループ」とよび、大きな家族として助け合い育ち合います。兄弟姉妹のような人間関係ができ、保育者も子どもたちもみんなが家族の一員という気持ちで過ごします。それと同時に、横割りのクラスの存在も重要です、同年齢の集まりの中では、成長に見合った活動を展開します。

上尾富士見幼稚園の保育の特色

日々のブログ

「日々の様子のブログ」をみていただけると、上尾富士見幼稚園の保育がよ~く分かります。
ぜひ、ごらんになってみてください。

もっとブログを見る

  • 子育て支援・園庭開放 あそびにきてね

    入園前のお子様をお持ちのお母様お父様。お子様と一緒に、幼稚園にあそびにきてください。ご予約不要で、園の様子も分かりますので、親子でぜひ一緒にあそびにきてください。

    詳細はこちら

  • 子育て支援・未就園児親子クラス ぴよぴよ組

    2021年度、募集中!1歳、2歳、3歳の方、毎週金曜日定員25組で、お母さんと一緒にリズムあそびをしたり、制作をしたり、劇遊びをしたり、楽しい時間を過ごしています。

    次回:21年10月29日(金)

    詳細はこちら